大学ラグビー選手権・早明戦 2011年

74-10 と思ったよりも大差がついて、早大の勝利となりました。

対抗戦で対戦した時とどのように変わったかと楽しみにしてたんですが、明大ファンとしては残念な結果となりました。

対抗戦の時の FW でしつこく攻めていて通用しなかったことは踏まえて、BK に回すシーンも見られましたが、早大のディフェンスは固かったですね。

明大としては試合開始早々に BK リーダーが不在になり、その後も怪我などで交代を余儀なくされる選手が出たことは大きな計算違いだったかとは思います。

しかし、ディフェンス力の差はもちろんですが、ボールを持った選手のフォロー、ポイントからポイントへの移動、献身的なプレーなど差は大きかったように思います。

さて、吉田監督も 3年目に入ります。今冬までにこの差がどれだけ縮まるのか?楽しみです。

Posted from my iPhone
?
?

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*