桑田佳祐「MUSICMAN」を聴く

早々にアマゾンで予約していた「初回生産限定 "MUSICMAN" Perfect Box」が発売日前日に届いた。ウチに限って言えば、CD や DVD が発売日前日に届くのは珍しいことだ。

MUSICMAN

どんなアーティストの新譜であってもそうなのだけど、届くと喜んで封を切り iTunes に取り込んで iPod に転送して Wadia 170i のシステムで聴くのが常なんだけど、このアルバムはなかなか封が切れなかった。やはり一ファンとして、このアルバムにはいろんな思いが交錯する。

全 17曲。これまでのサザンやソロのどのアルバムとも違う雰囲気を感じた。それ自体は病のこととは無関係だと思う。空気感。そしてそれぞれの質が段違いに高い(もちろんこれまでの作品が低いという意味ではない)というのが一通り聴き終えた後の印象。

初回限定版には「BOOK "MUSICMAN’S NOTE"」と名付けられた本人の全曲セルフノートやインタビューが収録された 104ページからなる文字通り「BOOK」がついてくるのだけど、冒頭、タイシタレーベルの松本氏のイントロダクションでも触れられている。

(略)だから、2011年型の最新エンジンを搭載したオリジナルアルバムは、アルバムトータルでも、それぞれの楽曲単体でも、完成形でなければならない。

via: BOOK "MUSICMAN’S NOTE"

と、昨今の音楽スタイルの変化について触れられていることの影響は多かれ少なかれあるのであろう。またインタビューの中でこの作品の制作過程にも触れられているが、最近の作品とは異なるアプローチが取られているのも関係しているのだろう。

BOOK "MUSICMAN'S NOTE"

自分が CD を購入する場合、今では大抵、初回限定版を購入する。まぁ通常版とそれほど価格差がないから。というのが大きな理由で、どのアーティストの新譜でも歌詞カードを読んだりすることはまずなかったりする。これは理由を考えたことさえない。

が、このアルバムは別だった。

歌詞カードの方も目を通したことは通したが、この「BOOK "MUSICMAN’S NOTE"」しっかりと読ませていただいた。

冒頭のインタビューに続く全曲のセルフノートにはヴォーカル・レコーディング開始日といったデータまで記録されているので、病の前後に歌入れが行われたということも、ファンには分かるということになっている。

そんなことが意識されてこの様式になっているのかどうかは、知る由もないけれどこの「BOOK "MUSICMAN’S NOTE"」は是非、読むべきだ。

残念ながらアマゾンでは既に手に入れられないようだけれども、うっかり通常版を予約した(あるいはせざるを得なかった)ファンは泣いて悔しがれ。そしてリアル店舗の在庫を目を血眼になって探すのだ。それだけの価値がこの「BOOK "MUSICMAN’S NOTE"」にはあると感じた次第。資料としても一級品だ。

スピーカーからの「バチッ!」ってノイズに悩まされてます

今、わが家では家の中のレイアウト大変更中で、自分の居場所も変わりました。って話はちらっと書いた気はしますが、とりあえず自分の居場所については大分落ち着いてきました。

んで、ちと悩まされているのが、スピーカー出力から出てくる「バチッ!」と出てくるノイズ。

前の部屋ではあまり気にならなかったので、部屋を移動した影響のようです。

まぁ原因は蛍光灯(前の部屋とは違うタイプ)だろうと当たりはつけていたのですが、どうやら部屋の向いの脱衣所の電気をオンオフすると盛大に再現するところまでは分かりました。

とりあえずアンプの空き入力端子がオープンのままだったので、手持ちのショートピンを挿入したところ、ノイズのレベルは下がりました。

対策前は「バチッ!」と鳴ると、体が「ビクッ!」とするくらいレベルが大きかったのですが、「ビクッ!」と反応しない程度には小さくなりました。

と、そんなことをつらつらとツイートしておりましたら @sake_mac さんからアドバイスをいただきまして「スリープ解除の謎」の日記を紹介いただきましたよ。

なるほど、こういうフィルタもあるんですね。

最初はノイズの再現性や混入経路が分からなかったので、フェライトコアを始めノイズフィルタを色々と探していたんですが、並列型ノイズフィルターか。

以前に所属していた設計の部門にまだ在籍してればサクッと自作してしまうところですが、今はそうもいかず… ということで市販品をいくつか見つけたので、備忘録的に残しておきます。

まず日記の中でも紹介されていた「PS オーディオの NOISE HARVESTERicon」。

この手のフィルタは複数使うことで効果も出やすく分かりやすいようなので、それを考えるとちとお値段お高め。

次は「ACENACOM」。これは価格も手頃な感じなので、よさげかな。

最後は「QUIET LINE MK3」。価格的には先の二つの間かな。

利用者のブログとかを読ませていただくとどれもある程度の効果は見込めるようなので、複数組み合わせて使ってみるのがいいのかな?