Mac OS X Lion で迎えるトラックパッド時代?

Twitter の TL で次期、Mac OS X Lion のことがちらほら出てくるようになったので「ページができたのね」と知りまして覗いてきました。

UI は iOS の方向に向かうようですね。「Back to the Mac」。つまり iOS の成果を Mac にフィードバックしていく動きはまだまだこれからってことでしょうか?

しかし Mac の UI がガラッと変わるのは iPhone や iPad のユーザーはすんなり入れるのかもしれませんが、昔からの Mac ユーザーや、Windows からの移行からとかはどうなるんでしょうかねぇ……

機能もいくつか紹介されていますが、個人的に気になったのは「バージョン」です。

あなたが作る書類やプロジェクトの進化を記録する。それが、バージョン。Mac OS X Lionは、あなたが書類を開くたびに新しいバージョンを自動的に作成。書類を使っている間は1時間ごとにバージョンを作ります。古いバージョンに戻りたい時や、書類の一部だけを元に戻したい時は、バージョンを使って、現在の書類の隣に以前の書類を時系列的に連続表示させましょう。

via:アップル – Mac OS X Lion

これと同じような機能を実現していたアプリが旧 OS 時代にありましてね。「FlashBack」というアプリだったかな。自分は便利に使っていたんですが、あまり使っているというのは見かけませんでしたねぇ。

これと同じような機能がやっと OS レベルで実装されると思うと感慨深いです。

さて、UI が iOS ライクになるとすれば、いよいよマウスやトラックボールではなく、トラックパッド。もちろん「iconMagic Trackpad」が必須。という時代になりそうですね。

Magic Trackpad は先日購入して、今は色々試しているところです。これについてはまた改めてエントリーしたいと思っていますが、良いタイミングだったかもしれないな。

キーボードカバーを交換。「moshi clearguard [Cs]」を試す

キーボードカバー「Pure Touch Key Protector」を購入」のエントリーを書いてから 1年半ほどが経ちました。

特に埃がたまりやすくなったということもなく、使ってきましたが痛みが酷くなってきました。

使い古したキーボードカバー

よく使うキーの表面に至っては破れたりしてきましたので、見栄えも悪いしということで今度は「moshi clearguard [CS] US」を使ってみることにしました。

moshi の製品を選んだ理由は、MBP 用の製品を使っていて気に入っているからです。

moshi clearguard [CS] US

実際につけてみると、ぱっと見にはカバーをつけているかどうか分からないくらい薄くてクリアなのが moshi の製品のいいところ。

moshi clearguard [CS] US

あと個体差なのかもしれませんが、MBP につけているカバーよりも気持ち柔らかい様な気がします。MBP のカバーはちょっと固めなところがあるんですよね。

この製品は汚れてきたら洗うこともできますし、長く使えるといいなと思ってます。