Mac がとれた Lion

てんこ盛りの WWDC2011 でしたね。自分は中継は見られませんでしたが、朝になってから Twitter の TL を追い、ニュース系のサイトを回っておりました。

まずは OS X Lion でしょうか。

OS X Lion

まず「Mac」という名称が消えてしまいましたね。

ハードの方は Macintosh から Mac に名称が改められてしばらく経ちましたが、OS の名称からなくなる日が来るとは思ってもみませんでした…

ハードとしての Mac がそう簡単になくなるとは思えません(こともないのか?)が、OS としては iOS との融合が進み、Mac と iOS デバイスとの垣根が低くなっていくという表れなんでしょうが、寂しい感じは拭えませんねぇ。

そして配布方法がメディアではなく Mac App Store のみからとアナウンスされました。

Lion アップグレード

噂にはのぼっていましたが、MacBook Air で始まった OS のディスクレスの流れが一足飛びにメディアレスとなりこうも簡単に実現したことに驚いています。そのおかげか価格は日本では 2600円とこれまた驚きの価格。その上、複数ライセンス可というのですからさらに驚きです。

Mac App Store からの配布ということで、現行ユーザーは Snow Leopard へのアップグレードが必須となりましたが、クリーンインストールがしたかったりディスクから立ち上げたい場合には、Snow Leopard を経由する方法しかないのか?Lion プリインストールモデルにもメディアはバンドルされないのか?など疑問が沸いてきます。

OS を AppStore 経由で購入するということは容量が 4GB になるということから、自宅の回線強化も考えなければならない場合も出てくるでしょう。しかし不正コピーなどへの対応を考えると、この方法は案外理にかなっているのかもしれません。

そして紹介された機能から察するに、ついにマウスから離れる日が来たとも言えそう。

もちろん細かい操作などマウスが必要な場面はまだまだ多いでしょうけれども、マルチタッチジェスチャーの導入によってデスクトップでも Magic Track pad の導入が進むことになるんでしょう。そしてそう遠くない日にタッチパネルの Mac が登場してという流れの中にいるのが明確になってきたんじゃないかと思います。

まっ何にしても来月が待ち遠しいですな。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*