ラグビーW杯2011・日本 vs カナダ

MSN産経ニュース「日本、20年ぶり勝利逸す」の記事から。

うがぁ〜

ラグビーW杯2011・日本 vs カナダ

ラグビーのワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会第16日は27日、同国各地で1次リーグ2試合を行い、北島ネーピアのマクレーンパークで日本はA組最終戦に臨み、カナダと23?23で引き分けて1991年大会のジンバブエ戦以来、20年ぶりの2勝目を逸した。

via:【ラグビーW杯】日本、20年ぶり勝利逸す – MSN産経ニュース

例によって得点経過しか追えませんでしたが、先制点を許した後すぐに追いつき、その後は終始リードを保っていただけに、ラスト1分くらいで同点に追いつかれたのは… 悔しいというか残念というか言葉がありません。ラグビーの僅差でリードしている時の試合の終わらせ方の難しさを改めて感じました。

ということで、日本の成績は 1分け3敗というまたもや残念な結果に終わってしまいました。

この結果を受けて「カーワンHCは退任へ」ということになるようでこれは仕方ないと思うのですが、指導態勢だけの問題じゃないと思うんですよねぇ。

また、2019年大会については「日本開催に影響なし」ということですが、このままの力では開催国として初の予選敗退ということになるでしょうねぇ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です