[CS] 時代は CD からネットワークオーディオへ?

日経トレンディネット「ソニーの巨匠が断言「オーディオはネットワーク経由で聴け!」」の記事から。

ソニーの金井氏へのインタビュー記事。その中で氏は「今はCDプレーヤーに命をかけるくらいなら、リッピングしてNAS(ネットワークHDD)に取り込んで聴いた方が面白いですよ」と語っています。

「CDP-R10のように200万円もするプレーヤーは別ですが、10万円程度のCDプレーヤーで聴くぐらいなら、リッピングした曲をNASで聴く方がずっと音はいいんです。

 それにiPhoneやiPod、Androidからファイルを無線LANに飛ばして、こっち(AVアンプ)で再生するといったことをやっても、これが意外に音がいいんです。

 NASに入れてPCなどから再生した方が、安いCDプレーヤーより全然楽で聴きやすいですよね。そういうのがこれからのオーディオなんだと私は思います。今『ネットワークオーディオ』がきざしのところまできていますので、うちはネットワークを推進しているのです」(金井氏)

via:ソニーの巨匠が断言「オーディオはネットワーク経由で聴け!」 – デジタル – 日経トレンディネット

なるほどねぇ。

ネットワークオーディオというとすぐに LINN の「DS シリーズ」のようなネットワークプレーヤーと NAS の組み合わせが浮かんでそればかりだと思ってたんですが、ソニーのアンプ「TA-DA5800ES」のような製品もあるんですね。

脱 CD といえば、ボクは SACD を再生する以外はほとんど iPod classic + Wadia 170 iTransport の環境で再生することが多くなっています。128GB の iPod touch でも発売になると使い勝手がかなりよくなるんですが、来年は実現されるでしょうか?

あとは SACD も SACD 層のリッピングが出来るようになると良いんですけどねぇ…

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*