[CS] iTunes のオプション「ビットレートの高い曲を次の形式に変換」を使ってみた

子供が使っている iPod nano に入れている楽曲が常にいっぱいいっぱいで、曲を追加する度に何か他の曲を削除しないといけないようになってきました。

母艦を一台の Mac mini に集約していることもあって、全て Apple ロスレス(ALAC)でエンコードしているのがそもそも悪いんでしょうけど、折角の CD 音源をビットレートを落としてリッピングするのも何だし… とはいえ、入れたい楽曲が全て持ち運べる方法があるのに、できないようにしてるのも可哀想だし… と葛藤があったのですが、iTunes にはオプションで「ビットレートの高い曲を次の形式に変換」というのがあるので、初めて使ってみました。

iTunes オプション

このオプションを使うと、iTunes に登録してある楽曲には手を加えず、AAC に変換して iPod などに時間はかかりますが転送してくれます。ビットレートは、128kbps、192kbps、256kbps から選択できます。256kbps を選択したところ四分の一くらいの容量になりました。

このオプションを使って 600 曲弱を転送するのに 1時間以上かかったと思いますが、ググってみるとアートワークが欠落したり転送できない曲が出てきたりというトラブルもあるようです。

まっ音質は犠牲になりますが、iPod nano で聴く分には恐らく実感できないと思うので、このオプションも積極的に使っていきたいと思います。

iPod touch の 128GB 版が出ないかと首を長くして待っていますが、このオプションを使えば、64GB でも手持ちのライブラリーを全曲入りそう。そうすると iPhone と TangoRemoteicon なんかのアプリを組み合わせると、便利になるんだけどなぁと妄想w

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*