[CS] ノラ・ジョーンズがデビュー作から全作「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞

映画.com「ノラ・ジョーンズ、デビュー作から全作受賞」の記事から。

ノラ・ジョーンズのアルバム「リトル・ブロークン・ハーツ」が、「第27回日本ゴールドディスク(GD)大賞」で「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞したそうで。

これにより、ジョーンズは02年のアルバムデビュー以来、「ノラ・ジョーンズ」(第17回)、「フィールズ・ライク・ホーム」(第19回)、「ノット・トゥ・レイト」(第22回)、「ザ・フォール」(第24回)と、すべてのオリジナルアルバムが日本GD大賞のジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞したことになる。

via:ノラ・ジョーンズ、デビュー作から全作受賞 : 映画ニュース – 映画.com

これは初めてのことなのかしら?いずれにしろスゴイですねぇ。

ノラジョーンズと言えば、何度かエントリーを書いた、SACD コレクションの発売日がまた変わって、2月13日になったもよう。これで決まりなのかな?

モノを減らしたいボクとしては SACD コレクションを購入してしまうか、HDTracks での Norah Jones [HI-RES] のハイレゾ音源を購入するかで悩んでおります。聴きたい「Covers」の音源がないのが痛い… iTS では「Coversicon」は配信されているんですけどねぇ。

どうしようかなぁ…

[CS] オーディオシステムの見直し

120GB の iPod classic の残り容量が 10GB 余りになってきました。

まぁすぐにどうのこうのという状況ではありませんが、ただ、今の iPod classic と Wadia 170 iTransport を中心とするシステムの先が見えてきたのも事実かなぁと感じています。iPod classic を現行の 160GB モデルへの変更、追加という手もありますが、それも付け焼き刃に過ぎないかなぁと。

PC オーディオへの完全移行というのも考えましたが、音楽を聴きたい時にいちいち PC(Mac)を起動したり、縛られるのも嫌だし。といって、また CD をメインにしたシステムに戻るのはもうできません。ハイレゾ音源も今後、増えるでしょうしね。

となると、やっぱりネットワークオーディオなのかなということになります。「[CS] 時代は CD からネットワークオーディオへ?」なんてエントリーも書きましたが、自分にはまだ関係ないかなと思っていたのでちょっとビックリしてたりしますw

さて、アンプは使っている SOULNOTE の sa1.0 が気に入っていて生かしたいので、ネットワークプレーヤーを導入するのが一番かなと考えているところ。

やはり第一候補は LINNMAJIK DSSEKRIT DS-I でしょうか。

もっともネットワークプレーヤーを導入ということになれば、今年、日本でも発売になるであろう、Wadia 121 DAC を購入するのは諦めざるをえなくなるだろうなと思います。

さてさてどうしましょうか。まずは音源の NAS 化からでも始めましょうか?w