[CS] Mac mini(Early 2009) の光学ドライブを SSD に換装

Mac OS X Mavericks もリリースされて、Mac mini(Early 2009)の準備も整ったので、SSD を購入しました。購入したのは容量 128GB の「CSSD-S6T128NHG5Q」。3年保証。

SSD

SSD

Mac mini(Early 2009)の光学ドライブの換装については以下のようなエントリーを書きました。

ちょっと気になっていた、ハイブリッド HDD については、Zap2 さんから

と、アドバイスを頂いたので購入は見送りました。

さて、換装した結果を Blackmagic Disk Speed Test を使って測定。

DiskSpeedTest

DiskSpeedTest

上が HDD。下が SSD です。結果は明らかですね。う〜む、早いっすね。起動時間は、起動音がしてから約 95秒かかっていたのが、約 45秒になりました。

アプリの起動も早くて、例えば iTunes はボクの環境ではクリックしてから 20回くらいアイコンがバウンドしてたのが、2回バウンドするだけで起動するようになりました。Safari は 1回のバウンドで起動。これはもう戻れない…

あっ、そうそう。SSD を導入したら、TRIM というのを ON にしなければいけないらしい。TRIM とは、SSD を長期間使い続けたときに発生するパフォーマンスの低下防ぐ機能のことだそう。

Mac では OS X 10.6.8 から TRIM をサポートしているとか。自分で SSD を換装した場合には無効になっているようなので、Trim Enabler というソフトウェアを使って、有効にしてやれば良いみたい。

「このMacについて」->「詳しい情報」->「システムレポート」->「シリアル ATA」の項目で TRIM のサポートが「いいえ」なっているのを確認。

TRIM OFF

「Trim Enabler」を起動。この段階では TRIM のスイッチは「Off」になっています。

Trim Enabler

「On」にして、Mac を再起動。

Trim Enabler

再起動後、再び「システムレポート」で TRIM のサポートを確認。「はい」になっていれば OK。

TRIM ON

しかし、こう快適だと MacBook Pro(Mid 2010)の方も、SSD 化したくなるよなぁ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*