[CS] Parallels Desktop 9 for Mac と Windows 8.1

OS X Mavericks に合わせて少なからず、出費が発生中。

Parallels Desktop仮想環境もその一つ。ボクは Parallels Desktop 6 for MacVMware Fusion 4 のユーザなんですが、どちらかを Mavericks に合わせてアップグレードしなきゃならんというところ。

加えて、Windows もサポートの切れる XP のままなんで、これまた最新の Windows にアップグレードしなきゃならんという、まぁあんまり出したくない出費です :-p

VMware Fusion仕事を家に持って帰ってやることは基本的にないですし、あっても職場で支給されている PC を持って帰ってくるので、その点では仮想環境は不要なんですが、ネットを彷徨っていると、未だに Windows 環境にしか対応していない Web サービスがあったり、子供の学校関係の役員なんかに当たると、どうしても Office 環境が必要だったり(これもまた痛い出費だ)するので、ないと困るんですよね。

そんなわけで、Parallels と VMware とどちらをバージョンアップさせようかと悩んでたら、Parallels Desktop 9 へのアップグレードパスはバージョン 7 からなのに気付き、ガクッとなったんですが、アマゾンで Parallels Desktop 9 For Mac 乗換・アップグレード優待版 を見つけたので、それで良いかと。サイトでアップグレードするより安いし。VMwareのアップグレード費用はちょいとお高いし。

注文して、届いたので、さっそく Mac OS X 10.7 のままの MacBook Pro(Mid 2010)にインストール。

Parallels Desktop 9 for Mac の印象は、6 の時よりも軽くなったのかなという感じ。なんか重く感じることが多くて VMware Fusion 4 を使うことが多かったので、これはありがたいです。

また、VMware Fusion 4 は終了しても十分にメモリを解放してくれなかったですが、Parallels Desktop 9 for Mac はちゃんとメモリを解放してくれるようでこれまたありがたいです。

Windows 8.1

Windows 8.1 は、Parallels Desktop 9 for Mac にインストールする時に Windows 7 風にするのをインストールことが可能になっていたので、それを選択したのですが、そのおかげかあまり戸惑うことなく使うことができそうです。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*