[CS] Nmode のヘッドホンアンプ「X-HA1」

ヘッドホンアンプはいろいろ検討していましたが、結局、Nmode の「X-HA1」となりました。ヘッドホンの方を先に購入しようと考えていたんですが、中古ですが程度の良い物があったので、思わずゲット。これも縁ということで…

Nmode「X-HA1」

いろいろと迷いましたが、結局、以下の仕様を譲れませんでしたね。

  • 10 万円を切る価格帯で、バランスヘッドホンに対応している
  • XLR×1 系統、 RCA×1 系統の入出力があり、ボリューム回路を通さないアナログスルーアウトになっている

セッティングもそこそこにさっそく、音を出してみます。接続は、以下のような感じ。ヘッドホンは、ゼンハイザーの HD 595 です。

  • プレイヤー (LINN Majik DS) -> (同軸デジタル) -> DAC (Soulnote sd1.0) -> (XLR) -> X-HA1 -> ヘッドホン

結構、元気の良い音です。音に力感が感じられます。帯域バランスは基本フラットからやや低音寄りという感じで、変な癖もなく、奥行き感もあるように思います。

発熱は、全く気にならず。数時間使っても、ほんのわずかに暖かくなる程度。さすが、デジタルアンプと言ったところでしょうか。

気になっていたホワイトノイズは無音時に GAIN が LOW で音量最大でほとんど気にならず。GAIN が HIGH の時には「サー」というのが、聞こえてきますが、音量を 1 時まで絞れば気にならなくなるレベル。使うヘッドホンにもよると思いますが、実用上、気にしなくてもいいのかな、という感じ。ちなみに、HD 595 だと音量は 8 時くらいで十分です。

残念なのは、現段階でバランスヘッドホンの音を聴けないこと。早くバランスで接続できるヘッドホンが欲しいなぁ。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

関連エントリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*