カテゴリー別アーカイブ: iPad

Adobe のあがき?iPad の Flash 非対応を批判

ITmedia「「大事なものが欠けている」——Adobe幹部、iPadのFlash非対応を批判」の記事から。

う〜ん、Adobe も必死って感じ?

「消費者とコンテンツをつなぐAppleのアプローチには、重要なものが欠けている。同社は依然として、自社のデバイスでコンテンツ企業と消費者の両方に対する制限を課しているようだ」と、AdobeのFlash担当マーケティングマネジャー、エイドリアン・ラドウィグ氏はこの日、iPadについて自身のブログで述べている。

同氏は、Flashサポートがないため、iPadユーザーは多くのWebコンテンツにアクセスできないと指摘。Webゲームの70%、オンラインビデオの75%がiPadでは利用できないとしている。「iPadでDisneyやHulu、その他多数のWebサイトにアクセスしたいと思っても、うまくいかないだろう」

via: 「大事なものが欠けている」——Adobe幹部、iPadのFlash非対応を批判 – ITmedia News

アップルは以前は独自規格を推し進めていましたが、初代 iMac の発表以降(で良かったかな?)大きく舵を切り、今では標準規格を採用することが多くなりました。Safari が WebKit を採用していることはご存知の通りです。

iPhone ではいろいろと理由をつけて Flash をサポートしていません。iPad でも同様になりました。

この背景にはアップルは仕様策定グループに参加もしている HTML5 をサポートして推し進めていこうとしているということがあるのでしょう。HTML5 では video タグ、canvas タグ、CSS アニメーションなどがサポートされ、これらをサポートしたブラウザーが普及してくれば Flash は不要になるということです。

こうなると困るのは Adobe ということで、こういう発言に繋がっているということなんでしょうね。確かに Flash がないとプレイできないゲームなどが現状、多いことは事実でしょうが、YouTube を傘下に持つ、Google も基本的にはアップルと同じスタンスだと考えられるので、動画が脱 Flash の流れに乗っているのは間違いないのでは?という気がします。

iPhone/iPod touch の YouTube アプリは Flash を使っていないので、依存してるってわけでもなさそうですしね。もちろん iPad に標準でインストールされている YouTube アプリも同じことでしょう。

iPad を「パソコンが苦手」という人にこそ勧めたい

自分と同じ世代でも性別を問わず「パソコンは苦手」という人は少なくない。

専業主婦だったり、働いていてもパソコンを触る機会がない人というのはやはりいるようだ。

単に慣れということもあると思うのだけど、「触ったら壊しそう」という自分には理解でいないw 心理的ハードルも少なくないようだ。

ネットブックやタブレット PC の中身は基本的に Windows ベースで普通のパソコンと変わらないと思うので、そんな人にこそ iPad はどうだろうか?

まずパソコンをそれほど使い込まない人は、メールが読み書きできて Web にアクセスできれば十分だろう。書くのはもちろん入力デバイスが必要になるので、割り切りが必要だが、見るだけなら指だけで操作できるのは、心理的ハードルは低いだろう。物理的なキーボードもマウスもないので、心理的ハードルも軽減されるはず。

マウスのダブルクリックさえ「難しい」というような人には指でタップするだけで、使いたい機能だけを持ったアプリを使えば良いというのは分かりやすいと思う。

また、家に 1台パソコンのある家では無線 LAN を使っている家も少なくないと思うし、まぁ必要ならそこだけは誰かちょっと詳しい人に頼れば良いw

そうすれば、(もちろん電波が届く範囲であれば)家の中で場所を問わず使えるし、子供に使わせても指でお絵書きできたりゲームも楽しめるだろう。またさらに子供に使わせると壊すと思ってしまう危惧も PC に比べればより低いだろうし汚れても掃除は簡単だ。

まだ日本での価格は明らかになっていたないけれども、最廉価モデルは 5万円前後で買えるようになるだろう。そういう点でもハードルは低いと言えるんじゃないだろうか?

問題はノート PC 以上に落下させる危険だろうか?特に小さな子供の場合は。まぁこればっかりは注意してってことになっちゃいそうだが、丈夫なハードシェルカバーが出てくることに期待です (^^)

iPad はこのサイズだから意味がある

ITmedia「iPadは“でかいiPod touch”なのか、あるいは…… (1/2)」の記事から。

なんで iPhone OS と Windows7 を比較しちゃったりするんだろうか?明らかに比べる対象じゃないでしょ?:-p

その概要については、ほぼ事前に予想された通りだ。ARM系のカスタムプロセッサ(Apple A4 1GHz)、マルチタッチをサポートした9.7型のIPS液晶ディスプレイ(解像度は1024×768ドット)、MacではなくiPhone/iPod touchと互換性を持つシステムソフトウェア、電子ブックリーダー機能など、特別驚くような点は見当たらない。3G通信機能がオプションになっていることもあり、“でかいiPod touch”という感じだ。もうひとひねりあるのではないか、と思っていた身としては、ちょっと肩すかしの感もある。

via: 元麻布春男のWatchTower:iPadは“でかいiPod touch”なのか、あるいは…… (1/2) – ITmedia +D PC USER

まぁネット上には実際、「でかいiPod touch」という声は少なくないようですが…

まずそのサイズになったことで利点が生まれていることも事実だと思うのだ。iPhone で新聞や Web の文字を読むのはやはり辛くてピンチアウトする動作はかかせない。iPad のサイズになることでその動作が必要なくなるとすれば、大きな利点の一つと言える。

それに iPhone/iPod touch は一人で使うパーソナルデバイスだと思うが、iPad はパーソナル+複数人で使うことを前提にしていると思う。ソファなんかに座って、2人で Web を見ながら商品を比較してお買い物なんてシーンではわざわざパソコンの前に移動してということをしなくていいわけで、より利便性が高いといえる。

発表以来、夢想というか妄想を続けているが、3G 対応モデルは用意されているが家の中メインでつかう道具だという思いが強くなる。まぁ当初は帰省などで Wi-Fi が使えない環境でも使いたいと 3G 対応モデルがいいと思っていたが、まぁ iPhone を使い続ければいいだけのことで、やはり状況、シーンによって適した道具があるということではないだろうか。

iPad 夢想

とりあえず現時点で拾える情報は一通り把握できたと思うので、ちょっと落ち着いて自分にとっって iPad は何なのか考えてみる。

まぁ外出時は iPhone で十分だろう。家の中では自分は9割方、Mac の前が定位置で、離れる時は食事時とトイレとお風呂と寝る時くらいなもんだ。寝るのも同じ部屋で狭いので Mac の脇で寝ているようなもの。さて、家の中で使うものとしても購入する必要性はあるのか?w

まず、自分なりの iPhone にない利点として

  • 使ってない時はフォトフレームとして使えそうな大画面。「PhotoVision SoftBank HW002」と同じような機能をもったアプリが出てくれば言うことなし
  • iBookstore。まぁ日本ではどうなるか分からないけど。でも、電子化した紙料を大画面で読めるのはアドバンテージだな
  • 外付けキーボードが使える。おまけに Engadget Japanese の「アップル iPadアクセサリはキーボードドック、スタンドケース、カメラ接続キット」の記事などによると、一般的な Bluetooth キーボードが使えるみたい。iPhone でも使えるようにしてちょうだい
  • 子供たちはダイニングにある、基本、相方用の Mac を使わせているけど、ウェブや動画を見てるだけだから、必要な時は iPad を使わせてやった方が場所にとらわれないで済む。お絵描きアプリを使わせてやればタブレットを使うより喜ぶだろう
  • 子供たちに何か聞かれた時に、Web などの資料を見せながら説明できるのは良いと思う

自分にとってはこんなものか?iPhone をリプレイスするものじゃないし、家の中での使用を前提とすれば 3G 対応は要らないのか。

iPhone でいつでもどこでもネットにつながるを体験してる身としては「iPad 発表」のエントリーでWi-Fi モデルは購入の対象外ってパッと書いてしまったけれど、Wi-Fi モデルで十分なのかもしれないな。

あとは iPad ならではアプリが出てくれば iPhone 以上に化ける可能性は感じるな。うん、欲しいなw もっとも iPhone の次期モデルの発売がいつになるのかがまだ分からないので、しばし様子見することになると思うけど。

アップルのネットブックに対する回答が iPad

PC Watch「インテルの悩み、Appleの結論」の記事から。

それを詰まらないアイディアと感じるか、それとも新しい市場を開拓する可能性があるかもしれないと感じるかは人それぞれだが、個人的にはなるほどこれは面白い。ネットブックに対するAppleなりの回答でありつつ、またiPhoneの画面サイズに不満を持つユーザーに対する提案の1つにもなり得る。

via: 【本田雅一の週刊モバイル通信】 インテルの悩み、Appleの結論

常々「ネットブックは作らない」と言ってきたアップルですが、iPad がその回答ということか。なるほど。そこには結びついてなかったな (^^;; そしてタブレット PC に対する回答でもあり、これがタブレット Mac ということか?

記事にもあって、自分の TL でもちらほら見受けられる、Kindle と比べるむきだけど、個人的には競合する商品ではないと思う。

iPad は iPhone と同様、アプリで何にでも化けるコンピューターであり、Kindle はやはり読書に特化した電子ブックリーダーだと思うから。

iPad 発表

ITmedia「Appleのタブレット端末は「iPad」——9.7型IPSパネル搭載でWi-Fi/3G対応の6モデル」の記事から。

噂通りといえば噂通りかな。結局、ネーミングは「iPad」でしたか。

iPadは9.7型IPS液晶ディスプレイ(1024×768ドット表示、光沢パネル、LEDバックライト、視野角は上下/左右各178度)を搭載し、マルチタッチ入力に対応したタブレット型デバイス。CPUに1GHzで駆動する自社製のApple A4チップを採用し、メモリ容量別に16Gバイト/32Gバイト/64Gバイトの3モデルを用意する。ネットワーク機能は、IEEE802.11a/b/g/n対応の無線LANに加えて、Bluetooth 2.1+EDRを備えるほか、3G対応モデルもラインアップされる。iPhone 3GS同様に加速度センサーやデジタルコンパスも搭載。インタフェースは、ドック用30ピンコネクタ、ヘッドフォン、マイク、スピーカーなどで、3GモデルにはSIMスロットがある。本体サイズは189.7(幅)×242.8(高さ)×13.4(厚さ)ミリで、重量はWi-Fiモデルが約680グラム、Wi-Fi+3Gモデルが730グラム。内蔵型リチウムポリマーバッテリーで約10時間のバッテリー動作が行える。

via: 価格は499ドルから:Appleのタブレット端末は「iPad」——9.7型IPSパネル搭載でWi-Fi/3G対応の6モデル – ITmedia +D PC USER

自社製のチップを積んできましたね。これがインテルなんかの CPU と比べるとどんな性能なのかは気になりますが、バッテリー 10時間っていうのはいいですよね。

とりあえず、iPhone でどこでもネットワークに繋がる快適さ、便利さを体験している身としては Wi-Fi モデルは購入の対象外。3G 対応モデルが日本では発売されるのか、いくらになるのか、どこのキャリアになるのかがとにかく気になります。

iBookstore(ここで iBook っていうネーミングを使ってきましたか)が日本ではどうなるかですよね?出版業界考えた方がいいと思うがなぁ…

そしてキーボード。

ソフトウェアキーボードでもほぼフルサイズのようなので、「慣れたら結構、使えるようになるかなぁ」って思ってましたら、キーボード付きドックが用意されるっていうじゃないですか。これが iPhone でも使えるのであれば言うことないなw

【追記】
あ〜 iPad のコネクタは 30ピンの新コネクタなんだ。iPhone とは共用できないのね。残念。iPhone 用も出して欲しいよなぁ。