カテゴリー別アーカイブ: iPod / Music

[CS] 小野リサ「Brasil」ハイレゾ版

小野リサさんの「Brasil」のハイレゾ配信が 6 月 11 日から始まっていたので、購入。

収録曲は以下の通り。

  1. Upa Neguinho
  2. Eu Quero um Samba
  3. Mas Que Nada
  4. Tim Dom Dom
  5. Lapinha
  6. Cantador
  7. Bim Bom
  8. Reza
  9. Sa Marina
  10. Bossa na Praia
  11. Chove Chuva
  12. Roda

定番の 3 曲目、「Mas Que Nada」のアレンジがステキ。

小野リサ Brasil

配信は、e-onkyo musicmoraHD-Musicで、お値段は、3456 円。

Amazon での CD の価格が、3240 円なので、ハイレゾ版の価格はなかなか良心的に感じる。

ボクは e-onkyo music で購入したんだけど、HD-Music で購入するとアルバム購入特典付だったことに気がついて、軽くショック… orz

購入特典ってなんだろう?とても気になる。

[CS] MFi 認証に Lightning コネクタヘッドフォンを追加

アップルが MFi 認証に Lightning コネクタを持ったヘッドフォンを追加してました(What types of accessories are part of the MFi Program?)。

MFi 認証プログラム

これによって、通常のイヤフォンジャックの代わりに、Lightning コネクタを持ったヘッドフォンの登場が期待されます。

iOS 7 では 48kHz/24bit までの音源にしか対応していないようですが、MFi ライセンスは現状でも、96kHz/24bit 再生まで対応しているようです。

次期規格ではさらに高音質な音源再生にまで対応するのではないかと言われていますので、Lightning 端子に直結できるヘッドフォンが登場すれば、ハイレゾ音源がそのまま楽しめるようになるんじゃないかと期待しちゃいます。

ヘッドフォンといえば、アップルは Beats を買収したばかり。最初の製品は、Beats から登場するんでしょうか?ケーブルが脱着できるようになっていて、通常のイヤフォンジャックのケーブルと Lightning ケーブルを差し替え出来るようになってるといいなぁ。

[CS] 赤い「iTunes」の謎

Dock に並んでいる OS?X?Yosemite の新しくなったアイコンの中でも特に目を引くのが、iTunes の赤いアイコン。

赤い iTunes

今までの青いアイコンから、ガラッと変えてきたんだなぁと基調講演のデモをながめていたんですが、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)さんの「OS X Yosemiteの製品紹介にある赤い「iTunes」が謎過ぎる」のエントリーによると、この次期 iTunes は謎が多いらしい。

また、OS X Yosemite Developer Preview 1に含まれていたという記事は見つからず、青いアイコンの「iTunes 11」が含まれているようです。

夏に配布される一般向けの「OS X Beta Program」に含まれているのか?、別に、iTunesを中心としたミュージックイベントが開催されるのか?など謎が多いようです。

via:OS X Yosemiteの製品紹介にある赤い「iTunes」が謎過ぎる | iTunes | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

これは、iTS でハイレゾ配信が始まるという噂とリンクする可能性があるんでしょうかね?そうであれば、ミュージックイベントが開催されてもおかしくないと思いますし。

今後が楽しみになってまいりました。

[CS] マライヤ・キャリーのハイレゾ音源

マライヤ・キャリーの「Me I Am Mariah: The Elusive Chanteuse」の CD が先月末に発売になっていますが、それとほぼ同時に、ハイレゾ音源の配信も始まっています。

Me I Am Mariah: The Elusive Chanteuse

ハイレゾ音源は、e-onkyo musicmoraHDtracks などで配信されています。

CD の発売から間もなくしてハイレゾ音源の配信も始まるって言うのは、いいですよね。今後、主流になっていくことを願っています。が、問題はその価格。

HDtracks では、17.98 ドル(約 1800 円)なんですが、e-onkyo music や mora では 3909 円。仕様はどちらも 18 曲で44.1kHz/24bit なのに、倍以上違うというのは、なんなんでしょうかねぇ…

Amazon で 17 曲が収められた輸入盤の価格が 1799 円なので、HDtracks での価格はとても良心的に感じます。

CD の国内版と輸入盤もそれなりに価格差を感じることが多かったですが、それでも国内版にはボーナストラックが入っていたりとお得感はあるものでした。配信のデータにはライナーノーツもないですし、これだけの価格差があるっていうのはちょっと納得ができないものがありますね。

今後、この辺のことも改善されていくといいんだけどなぁ。

[CS] 小野リサのハイレゾ音源

ハイレゾ音源のことでいろいろ彷徨っておりましたら、見つけたのが小野リサさんの「BRASIL」のハイレゾ音源。ドリーミュージックの「ハイレゾはじめます。」というページになっておりました。

ハイレゾはじめます。 | ドリーミュージック

配信は 6 月 11 日から。価格は不明。販売は e-onkyo musicHD-Musicmora で行われるよう。

すでに 5 月 21 日に CD はリリースされていますが、まだ手に入れていなかったのでこれはありがたい。もちろん価格にもよりますが、これは買いかなと思っております。

ページには第二弾が Coming Soon とあるので、新しいアーティストの楽曲が追加されるのかどうなのか?こちらも楽しみです。

[CS] ハイレゾ配信

ハイレゾ配信がいろいろと始まってますね。最近だと以下のような記事が AV Watch にありました。

音源が増えていくのはとても嬉しいことです。

ただ気になるのは古い音源のハイレゾ化。美空ひばりさんの音源は、1961 年と 1965 年に発売された作品。これらの作品のマスターってどういうものなんでしょうかね?

「ニセレゾ」なんて言葉もあります。

既存の非ハイレゾ音源データをアップサンプリングとビット拡張し、スペックだけハイレゾになってる音源のこと。この作品がそうなっているとは思いたくないけれど、とっても気になるわけです。

残念ながら、ボクには記録されてる周波数領域を調べる術はないけれど、販売サイトでその辺りのことも明記してくれるようになるとユーザーもありがたいと思うんだけどな。せっかく、高いお金を出しているのに、CD と変わらないというのは悲しいですからね。

[CS] foobar2000 で 5.1ch FLAC を 2ch に変換する

[CS] 5.1ch Flac ファイルを 2ch に変換する方法ってないのかしら?」のエントリーの続き。

コメントや Twitter でアドバイスをいただきました。ありがとうございます。

いくつかの方法を試してみたんですが、結局、Windows 用のアプリであるところの foobar2000 を使って、5.1 ch の FLAC ファイルを 2ch に変換することができました。

foobar2000 のことは知ってはいたのですが、単に音楽データの再生アプリだと思ってたんですよねぇ。変換も出来るだなんて。

foobar2000

foobar2000

で、foobar2000 で ALAC に変換するためには一手間必要な感じだったので、2ch の AIFF に一度変換して Mac に持っていって、それを XLD で ALAC に変換しました。

これで、96kHz/24bit のまま iTunes にも登録できましたし、iTunes Match でも使えるようになりました。

Mac 環境で完結しなかったのがちょっと悔しい(笑)

[CS] 5.1ch Flac ファイルを 2ch に変換する方法ってないのかしら?

e-onkyo music で購入した、5.1ch flac 96kHz/24bit の藤田恵美さんの「camomile Best Audio」があるんです。

で、普段は LINN の Majik DS で再生しているので特に問題もなかったんですが、iTunes Match も始まったことだし、iTunes に何とか、入れたいなと。

もちろん、iTunes は Flac ファイルに対応していない。そこで変換する必要が出てくるので、XLD を使ってみたんですが、いやぁうまくいかないもんですねぇ…

とりあえず、ALAC に変換してみたんですが、iTunes に登録できない。WAV や AIFF にしてみてもダメ。

何が悪いのか分からなかったので、他の 2ch flac 96kHz/24bit のアルバムを変換してみたら、うまくいった!どうやら、5.1ch というのが問題らしい。

ということで、5.1ch を 2ch に変換する方法はないかと調べてみたんですが、自力では見つけられず。これって難しいんでしょうか?

iTunes に登録するのは結局、AAC に変換すればできるのが分かったので、とりあえずそれでお茶を濁したんですが、せっかくのハイレゾファイル。何とか、同じサンプリングレートの ALAC にして iTunes に取り込みたいんだけどなぁ…

[CS] iTunes Store でハイレゾ配信始まる?

iTunes アイコン気になる、記になる… さんで「Apple、6月にも「iTunes Store」でのハイレゾ音源の販売を開始か?!」というエントリーがありました。

個人的には Mastered for iTunes 止まりかと考えていた、iTunes Store での配信だけど、本当にハイレゾ配信が始まるんだろうか?ならば嬉しい限り。

Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)のリマスター版がローンチタイトルとなり、そのリマスター版販売と共にサービスが開始される予定で、Appleは数年前からレーベル会社に対し24bit形式のiTunes用音楽ファイルを提出させてきたそうです。

via:Apple、6月にも「iTunes Store」でのハイレゾ音源の販売を開始か?! | 気になる、記になる…

この話が本当ならば、一気にラインナップも揃いそうで、楽しみだ。

しかしこうなると、気になるのはハードの方。

iPod/iPod touch のラインナップの大容量化の話や新モデルの話が同時に聞こえてきても良さそうだけど、そういう話はなさそう。

現行のラインナップでは容量不足は明らかだろうし、長年、そろそろディスコンかと言われてきた iPod classic が化けたりすることになるんだろうか?

WWDC が余計に楽しみになってきたぞ。

[CS] iTunes Store でカバーアルバム特集

taka_z さんのところで知りましたので、早速、チェック。

iTunes Store カバーアルバム特集

ボクもカバーアルバムは好きで、自分が全く知らないアーティストが自分の好きな曲をカバーしていると、それだけで手に入れることもあるくらいです。

ただ、最近はカバーアルバムのリリースが多すぎるのが気になっていて、中にはカバーというよりはカラオケで歌っているように感じてしまうのもあったり。その歌を自分のものにされていないのも一因かなと思うんですが、ちと残念かなと。

それはともかく、iTunes Store のカバーアルバム特集。期間限定価格となっているので、お得に購入できるようです。

ラインナップを眺めていたら、「あっ忘れてた!」ということで、今井美樹さんの「Dialogue -Miki Imai Sings Yuming Classics」と Norah Jones さんの「Covers」を購入。Covers が 900 円なのはお得な感じです。