カテゴリー別アーカイブ: MacBook Pro

MacBook Pro のケースに「SeeThru Hard Shell for MacBook Pro」を購入

久しぶりの PowerBook。もとい、初めての MacBook Pro 購入ということでやっぱり鞄やらケースをどうしようかなということは考えちゃうわけです。

とはいえ、日常的に持ち歩く状況は今の自分にはないので、そういうグッズは不必要といえばそれまでなのですが、持って出かける場合があることを考えると、当初はクッション性のあるインナーケースを購入しようかと思っていました。

例えば、以前から気になっていた、BUILT の「Laptop Sleeve」。あるいはアップルストアで見かけて「柄が面白いなぁ〜」と思った、Paul Frank の「15インチ Case for MacBook Pro」なんかが候補でした。

ただ色々考えているうちに「あまり使う機会のないインナーケース的なモノより常に装着して使えるハードシェルタイプの方が良くね?」と考えを改めまして思い出したのが、先日 UST で流されていた「デザイナーの川崎和男氏とデジタルステージの平野社長の対談」の様子。

この中で、川崎氏が使われていたのが MacBook Pro でブルーのカバーを使っておられて気になっていたんですよね。

川崎氏は Twitter のアカウントもお持ちでフォローさせていただいているので、厚かましくもこの時のことを伺ってみると「市販のカバーにロゴを CuttingSheat で作成したものを貼っている」と教えていただきました。

SeeThru Hard Shell for MacBook Pro

川崎氏は自分にとっては目標というか尊敬というか憧れというかそういう感じの方でして、できれば同じようにしたいなという気がムクムクと湧いてきまして、探しだしたのが Speck の「SeeThru Hard Shell for MacBook Pro 15" (aluminum, black keys)」。

どうやら日本にこの「アクア」の色を扱っているところがあまりないようだったのですが、秋葉館やビザビで取り扱っているのを見つけたので購入することに(楽天で SeeThru Hard Shell for MacBook Pro 15 を検索する)。

SeeThru Hard Shell for MacBook Pro

SeeThru Hard Shell for MacBook Pro

開封の後、すぐに装着。製品は Mid 2010 への対応は謳われていませんが、基本的に外形寸法の変更はないですし、ポート類も MagSafe 電源アダプターのコネクタ部分が変更になっただけなので、問題なく装着できました。

SeeThru Hard Shell for MacBook Pro

気になってることは温度。Core i7 の 17インチの MacBook Pro で温度上昇が 100℃ を超えるという話(Macbook Pro helps Core i7 hit 100 Degrees)。

実使用上、どうなるのかは気になるところですが、しばし様子を見ながら使っていきたいと思います。

MacBook Pro(Mid 2010)開封

Web サイト、ブログを運営してきて十数年。もちろんこの間、少ないながらも新しい Mac を何台か購入してきているわけですけど「開封の儀」みたいなことは載っけたことがありません。

新モデルが発売になってすぐ飛びつくことはほとんどなかったというのが、大きな理由の一つでしょうかね。自分が購入する時には大抵は他のサイトさんでいくらでも出ているので。

今回の icon15インチ MacBook Pro(Mid 2010)は自分としては比較的、早いタイミングでの購入になりましたが、自分の TL で「楽しみにしてます」とツィートしてくださる方もいらっしゃったことなので、エントリーにしてみます。

さて、こちらも個人的には十年以上ぶりに購入したノート型の Mac となるのですが、その時に購入した PBG3/300 の箱の大きさと比べてみましょうか。

MacBook Pro と PowerBookG3/300 の箱のサイズ比較

MacBook Pro と PowerBookG3/300 の箱のサイズ比較

PBG3/300 の方は 14.1 インチで筐体のサイズももちろん違うので単純に比較するのもあれかもしれませんが、それにしても小さくなりました。

箱の厚みは三分の一、PBG3の箱の縦と MacBook Pro の箱の横がほぼ同じなので体積比では四分の一かそれ以下になっているでしょうか?これで梱包コスト、輸送コストなんかはどれくらい削減されているんでしょうかね。月日の流れを感じます。

箱の中の MacBook Pro

箱を開けると目の前に現れる真新しい MacBook Pro。実にシンプルな梱包になったんですねぇ。

MacBook Pro の箱のクッション

外側に当たる箱のフタの部分にはクッションが箱に直に取り付けられてますね。なるほど。

MacBook Pro アクセサリー

MacBook Pro の下には AC アダプタとコード、黒いところには取説とインストール DVD などが収められてます。

クッションの役割を果たす段ボールとかは一切使われなくなっているんですねぇ。自分は Mac の箱も基本的に捨てたことはないのですが、ゴミとして出す場合もゴミが少なくて良いですね。

こういったところもしっかり進化してるのは感心しますです。

さて、電源を入れてとりあえず使えるようにしなくては。

15インチ MacBook Pro(Mid 2010)を購入

先日の「独断と偏見と妄想による個人的、今年のアップル製品購入タイミングはこうなる?」のエントリーで「iPhone が発売されたのと同じくらいの時期に購入」するつもりと書いていた「icon15インチ MacBook Pro」を心斎橋のアップルストアで購入してきました。

15インチのMacBook Pro mid 2010

リアルアップルストアで Mac を購入したのは初めて。ストアで Mac を購入すると出入り口まで見送ってくれるんですね。何だか気恥ずかしかったです。嬉しくもありますが。それと店員さんとも雑談めいたこともするわけですけど、古い Mac の話なんかも普通にできるしやっぱりここで買物するのは気分も良いし楽しいですね。こういう体験が出来るお店は Mac に限らずそうそうないと思うんで、もっとアップルストアが全国に増えるといいんですが。

それはともかくもちろんまだ購入するつもりがあったわけではなく、15インチのハイレゾがどんな感じなのかというのを確認したくて足を運んだに過ぎなかったんですけど、店員さんに「15インチのアンチグレアでハイレゾで Core i7 で US キーボードの MacBook Pro ってこちらで購入できるんですか?」って尋ねてみると「ちょっとお待ちください」ということになり「在庫が 1台だけあります」「じゃぁ…」(っておいっ!!w)という流れになりまして購入と相成りました。

まぁ時間を置いて購入する意味が特別あったわけでないので、早く手に入れて早く使って楽しむってことがいいですね (笑)

そんなわけで購入した MacBook Pro のスペックは、

  • 2.66GHz Intel Core i7
  • 4GB 1066MHz DDR3 SDRAM – 2x2GB
  • 500GB Serial ATA Drive @ 5400 rpm
  • SuperDrive 8x (DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
  • MacBook Pro 15インチ 高解像度ワイドスクリーンディスプレイ(非光沢)
  • バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル

となりました。これで「あと 10年は戦える」?

店員さんとお話ししている中で、この仕様のモデルがなのか MacBook Pro そのものがというところは曖昧なまま話してたんですが、世界的に人気があるそうで、ちょっと品薄のようです。ストア内も各 MacBook Pro の前には常に人がいるような状況で関心が高そうでしたね。やっぱり Core i シリーズのモデルは待たれてたんでしょうねぇ。

【PC Watch】 【新MacBook Proレビュー】Core iシリーズを搭載してパフォーマンス大幅向上 〜新たに搭載されたグラフィックス自動切り替えとは?」の記事には、

なお、職種の関係ということも大いにあるが、筆者の知人を中心にした購入者、購入予定者では高解像度のアンチグレアタイプが圧倒的な人気を誇る。そうした側面もあってか、AppleStoreの実店舗やCTOが可能な量販店ではこのカスタマイズモデルを実際に展示したり在庫として持っているケースも多いようだ。

via: 【PC Watch】 【新MacBook Proレビュー】Core iシリーズを搭載してパフォーマンス大幅向上 〜新たに搭載されたグラフィックス自動切り替えとは?

とあるので、カスタマイズ仕様の人気が高いのかな。

さて個人的にはノート型の Mac を購入したのは PB540c、PBG3/300 に続き 3台目で実に十数年ぶり。レジで「WallStreet 系のデザインが好きで…」なんて話をしてたら店員さんも「一番好きです」と同意してくれたりして嬉しかったなぁ。

前倒しで購入した MacBook Pro ですが、とりあえずは開発環境だけは整えて GW 中の帰省なんかの時も iPhone アプリの開発の勉強をできるようにだけはして使い始めたいと思います。返って GW 前で良かったんだろうな。

もちろん、将来的にはメインの環境にすると思うのでどういう環境にするかはゆっくり考えたいと思います。