タグ別アーカイブ: シミュレーター3D

メトリウス「シミュレーター3D」を取り付ける

壁に穴を開けずに、メトリウスの、シミュレーター3D を取り付ける方法としては、ぶら下がり健康器や懸垂ラックに取り付ける方法がメジャーの様ですね。

ただ、ただでさえ狭い我が家。わずかなスペースとは言え、モノがまた増えるのは何とか避けたいところです。それにぶら下がり健康器の耐久性や安定性に不安があります。

そこでさらにいろいろと調べてみてたまたま見つけたのが、マーブーお知らせブログ2011さんの「マンションでもトレーニングボードが設置できるってばよ!」のエントリー。なるほど、この手があったか!

ということで、用意したものは、板(90cm x 39cm x 18mm)、つっぱり棒x2、ビス(5x60mm を2本、5x50mm を2本、5x40mm を 4本)です。板の高さは戸口の上の空間のサイズに合わせましたので、実際にはもっと短くても大丈夫だと思います。

シミュレーター3D取り付け部材

また、ビスは 8本付属していますが、全て同じ長さで長すぎるので、板厚とシミュレーター3D の厚みからそれぞれの長さを選びました。最初、同じ長さのビスを 8本用意して失敗しましたので、何mm のビスが何本必要なのかはそれぞれ確認した方がよいと思います。

実際に取り付けてみたの図。

シミュレーター3D 設置方法

自分がぶら下がったりした限りでは特に不安定なこともなく安定していますが、もちろん推奨されている取り付け方法とは異なりますので、自己責任ってことでよろしくお願いします。

メトリウス「シミュレーター3D」を購入

ボルダリングを体験して感じたのは、握力のなさ、腕力の弱さ。

ボルダリングは足をうまく使って腕の力は最小限で登る。っていうのが良いみたいなんだけど、元々腕力のなさについては自覚があるし、腕の筋肉痛とともに握力も落ちてて元に戻るまで 3日ばかりかかったんですよねぇ… (^^;;

ということで、やはり基礎体力として鍛えないといかん。と思って色々調べていて見つけたのが、メトリウスってところの、シミュレーター3D

シミュレーター3D

トレーニングボードのベストセラー。弓状に湾曲したエルゴノミックデザインにより、肩や肘への負担を軽減し、ぶら下がりの姿勢を最適に保ちます。

via:ロストアロー

調べてみるとこれで家トレをしている人は結構、いらっしゃるようで。そんなわけで購入してみた。のはいいんだけど…

壁に穴をあけるつもりでいたら、相方から猛反対されて、ただいま取り付け方法を検討中。どうしよっかなぁ〜。

楽天で「シミュレーター3D」を検索