タグ別アーカイブ: ラウンドスクリーン2ルームハウス

[CS] コールマン・ラウンドスクリーン2ルームハウスを使う

先日のエントリー「[CS] エンジョイキャンプ in 鈴鹿」に参加したときに、コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウスを使いました。

購入した経緯は「スクリーンタープから 2ルームテントへ」や「コールマン・ラウンドスクリーン2ルームハウスを購入」のエントリーの通りですが、使ってみて改めてよかったなと感じました。

コールマン・ラウンドスクリーン2ルームハウス

まず組み立ては取説を読みながら大人2人で30分?45分くらいだったでしょうか(ちゃんと時間を計るの忘れた (^^;;)。ポールをジョイント部分にはめにくいところもありましたが、まぁスムーズにいけたと思います。

片付けるのも簡単でしたし、より短時間で済みました。屋根のある中でインナーテントが片付けられるのは、天気の悪い日でも濡れずに済むので便利が良いと思います。

当日、特に初日は風の強い日だったのですが、リビング部の布が一枚あるだけで随分違います。日が照ってくると暑いくらいでした。

リビング部分の広さは十分。テーブルに家族4人分の椅子、クーラーとそれと同サイズ程度のボックスを脇に置いても余裕のある広さでした。

コールマン・ラウンドスクリーン2ルームハウス

インナーテントはちょっとだけ手狭。手狭というのは、封筒型の寝袋が3つとマミー型の寝袋1つを重ならないように並べることはできませんでした。

とはいえ、寝るには十分で寝相の悪さを除けばw 隣とぶつかることもなかったですし、よく眠ることができました。

欠点は約20kgという重量でしょうか。

テント、ペグ、ポール類を一つのケースに入れるようにはなっていますが、これを一人で運ぶにはちょっと重い重量です。ポール類はポールだけを収められるような袋が付属していますので、テントとは別に運ぶようにしました。

あとあれば良かったのにと思ったのはランタンをかけるフック。これがリビング部分にもインナーテントにもないのはちょっと不便だったので。

これはランタンスタンドを購入して手当てしたいと思ってます。

コールマン・ラウンドスクリーン2ルームハウスを購入

「悩む理由が値段なら買え、買う理由が値段なら止めておけ」という名言がありますが、「値段」の問題が解消したので購入しました。コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウスを。

ラウンドスクリーン2ルームハウス

「値段」に期待して一度、アウトレットを見てこようと、りんくうプレミアム・アウトレットのコールマンショップに行ってきました。

アウトレットショップには全ての商品があるとは限らないので、お目当てがある場合は在庫の確認をしてから出かけるべきでしょう。えぇ、もちろんそんなことをせずに出かけてしまいましたけどねw

さてショップに入るとすぐに見つかりました、ラウンドスクリーン2ルームハウス。外箱が酷く凹んでたりしていましたがお値段は… おぉ〜期待以上だっ! 悩んでいたナチュラムとロゴスのコラボ品 neos リンクドゥーブル 3257FR?K?NAと変わらない価格だったので、折角来たことだしこれで良しと即決。無事に購入と相成りました。

加えてラウンドスクリーン2ルームハウスにぴったりのインナーマットはなぜかないんですけど、店員さんに確認してテントインナーマット/320も購入してきました。う〜ん、アウトレット有り難し。

これでまたキャンプが楽しみになってきました。後は付属のペグとハンマーは頼りないんで買い足したいのと、ライスクッカーを購入したいところです。

スクリーンタープから 2ルームテントへ

とりあえずキャンプの予定を 5月に入れたので、そろそろタープを購入しなければ。

テントはコールマンのバイザードームスカイルーフ/300を使っているので、それとうまく連結できるスクリーンタープの購入検討から始めました。同じコールマンのスクリーンキャノピージョイントタープ ?とかトンネルコネクトスクリーンタープとか。

使い勝手の口コミを調べたり、価格を調べたりしてる中で、トンネルコネクトスクリーンタープが格安ででているのを見つけたので、ほぼそれに決めてたんですが、いざ購入という時に価格を確認したら、6000円も上がってて萎えました… orz

そこでまたう〜んとうなり始めたところで知ったのが、2ルームテント。テントとタープが最初から一つになっているような製品ですな。

そこで改めて考えてみると、テントとスクリーンタープを別々に設営するのって結構、大変だよねってこと。2ルームテントだと1回の設営で済む。まぁ面積が広くなるから、別々に設営するよりレイアウトに自由度はないし狭いサイトに設営する場合、難儀することになるかもしれないっていうのがデメリットか。

あと価格的にはまぁピンキリなんだけど、自分の手が出せる範囲の価格帯(3万程度か)だとスクリーンタープも 2ルームテントもそんなに変わらなかったり。

2ルームテントを購入すると、1回しか使っていないバイザードームスカイルーフ/300が宙に浮いてしまうことにはなるんだけど、また友人家族とキャンプに行く時に使えばいいし、まぁ使い分けはできるんじゃないだろか。

ということで、関心は 2ルームテントへと移っていき、まず目についたのは、ナチュラムとロゴスがコラボしたというneos リンクドゥーブル 3257FR?K?NA

インナーテントの部分が 3m×3m と広く、ベンチレーションもしっかり付いてる。リビング部分の使い勝手も良さげだし価格も 29800円とお手ごろ。ただ気になったのが品質面。ポールが折れたりジョイントのゴムが切れてたりという口コミがちらほら。

もう一つの候補としては、コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウス

ロゴスに比べてコールマンのテントの品質がどれだけ上、あるいは下なのか自分には全く分からないんだけど、バイザードームスカイルーフ/300を使った限りではそんな不満もない。

インナーのサイズはロゴスに劣るけど、まぁ家族4人なら十分だろう。問題は 4万円近くになる価格か。ということで、さらに数日悩むことになったのでした。