タグ別アーカイブ: 自作

[CS] HD 650。購入とバランスケーブルの自作

やっと、念願のヘッドホン、ゼンハイザーの HD 650 を購入しました。

HD 650

まぁレビューとかは今さら感もありますし、ボクの耳では大したことも書けないなぁと思うので、割愛しますが、個人的には大いに気に入っています。

さて、折角、バランス出力のあるヘッドホンアンプ「X-HA1」もあることなので、HD 650 をバランス出力で聴いてみたい。

とはいえ、バランス仕様のリケーブルって結構、お高い。下手すると、ヘッドホン本体よりも高いケーブルもあって、そうなると、新しいヘッドホンを購入した方が幸せになれるような気が… (笑)

ということで、自作すれば安く出来るよなということで、自作してみることに。新たに用意したものは以下のようなモノ。

  • HD 650 純正ケーブル
  • Neutrik 3pin XLR コネクタ NC3MXX x 2
  • カラーブッシング BXX-*
  • 半田 SS-47
  • 熱収縮チューブ

バランスケーブル自作用の部材

ケーブルは何か他に良いモノがあれば、それがいいんだろうけど、とりあえずどれにしていいのか分からなかったことと、アンバランスのケーブルとの比較も分かりやすかろうということで、純正ケーブルを選択。

まず、プラグ部分を切断。どこをどう切ってもいいんだろうけど、自分の場合は、元の 3m が良かったので、10cm くらい残してプラグの近くで切断しました。

HD 650 自作ケーブル

ケーブルの被覆を剥きます。中から出てくるのは色分けされた導線。緑の導線が L の HOT。赤の導線が R の HOT。色付けのされていない 2 本の導線が、それぞれの COLD だと思われ。このままでは半田付けできないので、紙やすりなどで導線の被膜を落とします。

HD 650 自作ケーブル

コネクタに半田付けしていきます。1 番はオープン。2 番 HOT、3 番 COLD。強度を確保するため、事前に熱伸縮チューブを通しておきました。で、完成。

まだ HD 650 自体のエージングが十分じゃないと思うので、もっと鳴らしてあげないといけないんだと思いますけど、そこそこ終わったら、ケーブルを変えて聴き比べてみたいと思います。

[CS] オーディオチェック用 CD を自作する

ショップ店頭での試聴するのに、いつも CD を 2 枚くらい持って出かけてたんですが、よく聴く曲、好きな曲、チェックに良さそうな曲なんかをまとめた CD が一枚あると便利だなと思ったので、自作してみました。

選んだのは以下のような楽曲。単純に音のいい CD から抽出したわけでもないんですが、果たしてチェック用になっているのかどうか… (^^;;

  1. Boys II Men「Yesterday」(II)
  2. 竹内まりや「マージービートで唄わせて」(Impressions)
  3. 竹内まりや「告白」(Impressions)
  4. Norah Jones「Don’t Know Why」(Come Away With Me)
  5. Take 6「So Much 2 Say」(so much 2 say)
  6. Carpenters「This Masquerade」(Singles 1969-1981)
  7. Carpenters「I Need To Be In Love」(40/40 Best Selection)
  8. 福原美穂「CHANGE」(RAINBOW)
  9. 藤田恵美「Best of My Love」(camomile Best Audio)
  10. 藤田恵美「卒業写真」(ココロの食卓~おかえり愛しき詩たち~)
  11. Grace Mahya「Route 66」(Last Live at DUG)
  12. 手嶌 葵「テルーの唄(歌集バージョン)」(ゲド戦記歌集)
  13. Southern All Stars「ロックンロール・スーパーマン ?Rock’n Roll Superman?」(KILLER STREET)
  14. Southern All Stars「LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜」(BALLADE 3 ?the album of LOVE?)
  15. DREAMS COME TRUE「何度でも」(GREATEST HITS “THE SOUL 2”)
  16. DREAMS COME TRUE「未来予想図II ?VERSION ’07?」(GREATEST HITS “THE SOUL 2”)

CD-R に焼くのは iTunes を使いました。

まず、この CD のためのプレイリストを作ります。そしてそのプレイリストに楽曲を集めて曲順を調整したら、プレイリスト名の上で右クリック。「プレイリストからディスクを作成」を選択して、後は手順に従えば CD の出来上がりです。

[CS] 仮想アースを作る

前々から気になっていた仮想アースを自作してみました。

仮想アース

集合住宅住まいだと、なかなかアースを取るということも出来ませんし、仮にアース端子があったとしてもそれがノイズ源になったりする場合もあるようで、なかなか難しい。ただ、LINN の MAJIK DS にはアース端子が付いていたので、気になっていたんですよね。

MAJIK DS のアース端子

そこで、仮想アースというわけです。

ガラス瓶やタッパーなどの容器に、アース線を接続した銅製の網などを入れ、隙間に炭を詰めて出来上がりという簡単なモノですが、ホントにそれでアースが取れるの?というそもそもの疑問が… (^^;;

仮想アースの材料

半信半疑だったこともあって行動に移さずにいたんですが、ダイソーに行く機会があったので、材料を見繕ってきました。購入したのは、

  • 1.9l のガラス瓶(200円)
  • ガーデニング用竹炭 x 2
  • 純銅製のゴミ受け
  • ステンレスたわし(結局、使わず)

ゴミ受けは網の部分だけ切り離して使いました。またアース線には余っているスピーカーケーブルなんかが使えると良いんでしょうけど、あいにくなかったので、6pin – 4pin の FireWire ケーブルの端子部分をを切り落として利用しました。

アース線を銅の網にハンダ付けして、それを瓶の中に。あとは炭で瓶を満たして出来上がり。

さっそく、でき上がった仮想アースを、MAJIK DS のアース端子につなげて、音楽を聴いてみます。

印象としては、透明感が上がってボーカルのリアリティが増しているような気がします。また高域の響きも良くなっているような…

良くなっているような気がするので、このまま使い続けてみようと思います。こうなると Acoustic Revive の「RGC-24」のような製品も使ってみたい気がしますが、如何せんお値段が…

ただ、気になるのは使った炭のことで、電気抵抗が低いのは備長炭か竹炭らしいのですが、この竹炭の抵抗値に疑問が… 2 級品で十分なので、備長炭でも手に入れて入れ替えてみようかなとも思っています。