タグ別アーカイブ: HD650

[CS] HD 650。購入とバランスケーブルの自作

やっと、念願のヘッドホン、ゼンハイザーの HD 650 を購入しました。

HD 650

まぁレビューとかは今さら感もありますし、ボクの耳では大したことも書けないなぁと思うので、割愛しますが、個人的には大いに気に入っています。

さて、折角、バランス出力のあるヘッドホンアンプ「X-HA1」もあることなので、HD 650 をバランス出力で聴いてみたい。

とはいえ、バランス仕様のリケーブルって結構、お高い。下手すると、ヘッドホン本体よりも高いケーブルもあって、そうなると、新しいヘッドホンを購入した方が幸せになれるような気が… (笑)

ということで、自作すれば安く出来るよなということで、自作してみることに。新たに用意したものは以下のようなモノ。

  • HD 650 純正ケーブル
  • Neutrik 3pin XLR コネクタ NC3MXX x 2
  • カラーブッシング BXX-*
  • 半田 SS-47
  • 熱収縮チューブ

バランスケーブル自作用の部材

ケーブルは何か他に良いモノがあれば、それがいいんだろうけど、とりあえずどれにしていいのか分からなかったことと、アンバランスのケーブルとの比較も分かりやすかろうということで、純正ケーブルを選択。

まず、プラグ部分を切断。どこをどう切ってもいいんだろうけど、自分の場合は、元の 3m が良かったので、10cm くらい残してプラグの近くで切断しました。

HD 650 自作ケーブル

ケーブルの被覆を剥きます。中から出てくるのは色分けされた導線。緑の導線が L の HOT。赤の導線が R の HOT。色付けのされていない 2 本の導線が、それぞれの COLD だと思われ。このままでは半田付けできないので、紙やすりなどで導線の被膜を落とします。

HD 650 自作ケーブル

コネクタに半田付けしていきます。1 番はオープン。2 番 HOT、3 番 COLD。強度を確保するため、事前に熱伸縮チューブを通しておきました。で、完成。

まだ HD 650 自体のエージングが十分じゃないと思うので、もっと鳴らしてあげないといけないんだと思いますけど、そこそこ終わったら、ケーブルを変えて聴き比べてみたいと思います。

[CS] X-HA1 と HD650 と PM-1

聴きたいなと思っていましたら、思いの外、早く機会が巡ってきました。

Nmode X-HA1

気になっている、Nmode のヘッドホンアンプ「X-HA1」と、購入を考えている、ゼンハイザーのヘッドホン「HD 650」を組み合わせて聴くことができました。

接続は流石にバランスとはいきませんでしたが、それでも十分です。

SENNHEISER HD 650

店頭ということでじっくり聴くこともできませんでしが、それでも音場はそこそこ広くて、低域もほどよい量感で良い感じ。高域もそれなりに伸びてる。ということで好印象。

HD650 は、このショップで試聴する前に、別のショップでも聴いたのだけど、そこでの試聴は CD プレイヤーのヘッドホン端子からでした。そのせいもあってか、低域が出てるんだけど、モコモコした感じでとても気持ちよく音楽を聴く気にはなれない音質で「あれ?HD650 ってこんなもの?」という感じで後にしたんですが、いやぁヘッドホンアンプで音、変わりますねぇ。

で、店員の方と、少しお話をさせていただいたら、「Oppo のがありますよ?聴いてみます?良い機会ですから是非!」という感じで言われたので、発売前の PM-1 を聴かせてもらいました。エージングはそれなりに済んでいるとのこと。

Oppo PM-1

PM-1 は平面磁界型ヘッドホン。初めて平面磁界型のヘッドホンを聴きましたが、これが良かったですねぇ。個人的に HD650 よりも好きな音でした。どっちが良いとか悪いとかではなく、好き嫌いのレベルの話ですが。

もっとも、HD650 と PM-1 では 10 万円くらいの差がありますから、比較するのもどうかとは思いますけれどもね。