タグ別アーカイブ: J:COM

[CS] J:COM と Time Capsule

[CS]「au ひかり」から「J:COM」へ」のエントリで家の回線を J:COM に変更したことを書きました。その中で、無線 LAN ルーターがぶっ壊れたこと、代替として Time Capsule へ切り替えたことも書きましたが、まぁこれがすんなり行かなかったわけです。

AirMac ユーティリティ

Aterm WR8700N の復旧のため色々と試して、それを諦めて Time Capsule の設定をして、MacBook Pro から無線で繋がるまで、数時間、格闘しました。また同じような設定をすることになるかもしれないということで、自分のための備忘録として残しておきます。

まず結線。

J:COM のモデムは ARRIS の CM820C というモデル。このモデムは、 Ethernet のポートが一つしかない。最初に MBP とモデムを LAN ケーブルで直結して、ネットに繋がるかを確認する。この時の IPv4 の設定は「DHCP サーバを使用」を選択。リリースされた IP アドレス、サブネットマスク、ルータのアドレス、DNS をメモっておく。

MBP との接続を外して、モデムのポートを LAN ケーブルで Time Capsule の WAN ポートに接続。そして Time Capsule の LAN ポートから、ハブへ。ハブから、各端末へ接続。

Time Capsule

続いて、Time Capsule の設定。AirMac ユーティリティを使う。「インターネット」の設定は接続方法に「DHCP」を選択。DNS サーバのアドレスは先ほど、メモったアドレスを入れる。

AirMac ユーティリティ設定

「ネットワーク」の設定で、ルーターモードを「DHCP と NAT」に。DHCP の範囲は、「ネットワークオプション」でお好みに。

AirMac ユーティリティ設定

AirMac ユーティリティ設定

なんか書き漏らしてることがあるような気がしなくもないですが… まぁこんな感じで。こうしてまとめてみると、あっけないな。なんであんなに時間かかったんだろう :-p

 

[CS]「au ひかり」から「J:COM」へ

住んでる集合住宅の保守契約などがいろいろ変わるらしく、テレビの視聴環境もその一つ。それに伴って、先日、電波測定作業とかがあったんですが、ネット環境も J:COM に変更すると、月々の支払いが 500 円ほど安くなって、回線速度が au ひかりの 100M から 160M になる(将来的には 320M になるらしい)ということで、変更することに。スマートバリューが引き続き使えるというのは大きなポイント。

これまでは電話回線を経由していたのを、テレビアンテナ端子経由に変わるということで、工事。1 時間ほどで終了しました。

J:COM モデム

体感的にはよく分からなかったりするので、BNRスピードテストで、速度比較。

まずは工事前の au ひかりの場合。

BNRスピードテスト

続いて、工事後の J:COM の場合。

BNRスピードテスト

お〜 25% アップだ。まぁ時間帯が違ったりすると速度も変わってきそうだけど、とりあえず良かった。満足。

で、ここまでは良かったんですが…

ネット回線の確認をして工事の方が帰られた後、結線とか気になったんで無線 LAN ルーターの電源を入れたり切ったりしていたら、どうも壊れたっぽい… よりによってこのタイミングで… orz 電源は入るんだけど、何かボタンを押しても反応しないし、リセットボタンを押してもリセットできない。

使ってた無線 LAN ルーターは AtermWR8700N なんだけど、症状をググってみると、どうやらよくある故障の症状らしい。まぁ 5 年以上は使ってると思うんで、仕方ないのかなぁと思いつつも、納得いかん :-p

とりあえず、代替としてサブで使ってた旧 Time Capsule をメインの無線 LAN ルーターとして引っ張り出してきて、設定して事無きを得ましたが、新しいルーターを買うべきか否か。