タグ別アーカイブ: Micro USB 変換アダプタ

[CS] 非純正の「Lightning – Micro USB アダプタ」

iPhone と MBP との間でデータをやり取りしたり、充電したりするのに主に使っているのが、Amazon ベーシックの Lightning – USB 10cm ケーブル。購入したのが 2013 年の 10 月 30 日。最近、これの USB 側の被覆が破れてきました。

Amazon ベーシックの Lightning - USB ケーブル

このケーブルは「MFi ライセンス」を取得していて、価格も 998 円とお手頃なので、また買い直そうかなとも思ったんですが、Micro USB の端子が増えたことだし、Lightning – Micro USB 変換アダプタを一つくらい持っていてもいいだろうということで、探してみました。

今時は選択肢も随分、増えていて、価格も数十円から純正の 2000 円くらいまでありますね。

ただ、やはり「MFi ライセンス」を取得していない製品は、いろいろと不安になるので、取得している製品を中心に物色して、多摩電子工業の「TIH01LK」を購入しました。純正のアダプタの半額くらいですね。

Lightning-Micro USB アダプタ TIH01LK

あいにくと純正のアダプタは持っていないので、Amazon ベーシックケーブルの Lightning 端子との比較。ほとんど一緒です。仕様上のサイズは W11xH26xD6mm となっています。

Lightning-Micro USB アダプタ比較

さっそく使ってみましたが、もちろん、充電も同期もなんの問題もありませんでした。ケーブルに付けておかないと無くしそうで怖いですね。

 

[CS] 「Refresh」をリフレッシュ

Bluelounge の充電トレイ「Refresh」。虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

Bluelounge Refresh

ここんところライフスタイルが変わったこともあって、「Refresh」を使わなくなっていたんだけど、せっかくなので復活させようかと。ただ復活させるに当たって問題は、その充電コネクターの端子。「Refresh」は次のような 6 つの充電コネクターが用意されているんだけど、今となってはやや時代遅れか?

  1. iPod/iPhone 30ピン Dock コネクタ
  2. iPod/iPhone 30ピン Dock コネクタ
  3. Mini USB
  4. docomo FOMA/Softbank 3G
  5. au
  6. USBソケット

1 と 2 は アップル純正の「Lightning – 30 ピンアダプタ」を使って、Lightning 端子に変換してやれば、そのまま使える。余っているアダプタがあるので、それを回せば、OK。

3 の Mini USB。我が家には Mini USB 機器がないんだけど、なぜか Mini USB – Micro USB 変換アダプタが転がっていたので、そのアダプタを使って Micro USB に変換。

6 は好きな端子の USB ケーブルを使えば OK。Lightning は 1 と 2 で十分なので、とりあえず Micro USB にしておく。

問題は、4 と 5 の携帯のコネクタ。もうガラケーを使う機会はないだろうし、このコネクターは殺しておくしかないのかなぁと思ってたら、あるんですね。携帯の充電コネクタを Micro USB に変換するアダプタが。

ということで、手に入れたのが次のアダプタ。

RASTA BANANA 携帯-Micro USB 変換アダプタ

これで 6 つの充電コネクターは、Lightning x 2、Micro USB x 4 に生まれ変わりました。

まぁ「Refresh」のトレイに、一度に 6 つのデバイスを置くことはまずない(というかスペース的に無理)ので、6 つとも使えるようにしておく必要性も低いんだろうけど、使えるようにしておくのは必要かなと。

今どきのガジェット類だと Micro USB 端子にしておけば、色々と汎用性があって便利かなと思います。