タグ別アーカイブ: MinimServer

[CS] LINN の「Kazoo」と「Kazoo Server」と「MinimServer」と

LINN のネットワークプレーヤー DS シリーズの操作ソフト「Kazoo」と、それと組み合わされる「Kazoo Server」について、虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

自分は所謂、NAS を使っていなくて、Mac mini(Early 2009) をサーバーにして、そこに Kazoo Server をインストールしているわけですが、Kazoo と Kazoo Server の組み合わせは、なかなか良いのです。いや、良かったのですが…

ちょっといつの頃からは記憶にないのですが、Kazoo から Kazoo Server が見えなくなる(認識しない)ことが増えました。このエントリを書いている今は全く見えません(苦笑)。

Kazoo

都度、Kazoo Server を再起動させたり、なだめすかしてやってきましたが、いい加減、面倒くさい。その内、バージョンアップされれば直るんじゃないかと思っていたんですが、一向に直る気配がありません。

Kazoo Server の問題かなと思ってたんですが、試しに Kazoo の前身にあたる「Kinsky」で、Kazoo Server を試してみると、問題なく見える(認識する)んですよねぇ… こうなると何が悪いのか全く分かりません。

Kinsky

しかし Kazoo の快適さに慣れてしまうと、Kinsky に戻るというのはちょっと辛いわけです。そこで、Kazoo Server の前に気に入っていた、「MinimServer」を改めてインストールしてみました。MinimServer については、虹色の林檎はどんな味?では次のようなエントリを書いてます。

MinimServer は問題なく Kazoo からも Kinsky からも見ることができます。とはいえ、Kazoo は Kazoo Server と組み合わせて使うことが想定されているので、Kazoo の全ての機能は Kazoo Server と組み合わせて使用できることになっているはず。なので、Kazoo と MinimServer を組み合わせても検索とか使えないと意味ないなぁと思ってたんですが…

実際に試してみると、検索機能は使えるのです。Kazoo と MinimServer の組み合わせでも。これは嬉しかったですねぇ…

Kazoo と MinimServer

Kazoo で MinimServer にアクセスすると、Kazoo Server との組み合わせのように、いきなりアルバムのアートワークが表示されず、MinimServer のツリーが表示されてしまうのは仕方ないところです。

ただ、検索機能は使えるので、聴きたいアルバムや曲、アーティストが決まっているのであれば、検索窓にキーワードを打ち込んでやれば、ある程度の階層までは絞り込んでやることができるので、一から階層を辿っていくよりは便利かと。

とはいえ、ある程度の階層までしか絞られませんから、そこから目的に辿り着くまでは数クリックする必要があるのは、快適とは言えず、やはり Kazoo と Kazoo Server の組み合わせには敵いませんね。

まっ、いくら快適でも使えない Kazoo Server との組み合わせよりはましなわけで。それにアルバムを追加した時に、再スキャンかける時も、MinimServer の方が速いですし。でも、これって自分の環境だけなのかなぁ…

 

[CS] Linn のお薦めサーバ 3つ

Linn の英国サイトで、SOFTWARE のところを眺めてましたら、DS player の互換 or 推奨のサードパーティのソフトウェアが紹介されてました。

コントローラやリッピングアプリの紹介もありますが、もちろんサーバも紹介されています。

紹介されているのは以下の 3つ。

当ブログでもこの 3つのサーバは以下のエントリーで紹介してきました。

この 3つのサーバを PlugPlayericon との組み合わせで使ったりしてボクの個人的なお薦めサーバの順位は以下の通り。

  1. MinimServer
  2. Asset UPnP
  3. Twonky Server

理由は、上位 2つのサーバについては、

  • ディスク番号のタグを正しく認識してくれる
  • アートワークをキレイに表示してくれる

ということになります。肝心の DS Player がまだ手元にありませんが、これらのサーバなら安心して使えそうなので良かったなと思っているところです。

[CS] UPnP Server「MinimServer」を試す

LUMIN」で推奨 UPnp Server になっていた「MinimServer」を知ったので、さっそく試してみました。ドネーションウェアです。

Mac バージョンの他に Windows、Linux、QNAP NAS と Synology NAS の各バージョンが用意されています。

MinimServer MinimServer

インストールが終わり起動させると、メニューバーに音符の項目が現れます。黄色い間はカタログファイルなどを作っている最中で、音符だけになると通常動作している状態になっているようです。

まず嬉しいのはディスク番号のタグにきちっと対応していること。

Asset UPnP For OSX (MAC) のようにディスクを分ける仕様ではなく、iTunes に登録しているように、一枚のアルバムの中でディスク1 の 1曲目から最後まで。続けてディスク2 の 1曲目から最後までというように並んでくれます。

また、気になるアルバムアートワークの画質もキレイに表示されるのが確認できました。

まだまだドキュメント類などに目を通すことが出来ていないのですが、ナビゲーションツリーなどの設定もある程度できるような感じなので、試してみたいと思います。