タグ別アーカイブ: The Nifty MiniDrive

[CS] MacBook のストレージを最大 384GB 拡張する「microSSD」

Kickstarter に「microSSD – add up to 384GB extra storage to your Macbook」が登場していました。

まだ 1 ヶ月弱の日数を残しながら、既に目標額の倍以上の金額を達成しています。

microSSD は、MacBook Air や MacBook Pro の SD カードスロットと USB ポートに microSD カードを使って、ストレージを拡張できるアダプタ。The Nifty MiniDrive など既に SD カードスロットに使う同種のアダプタは販売されていますが、USB ポートで拡張できるというのは目新しいところでしょうか?

microSSD

128GB の microSD カードを SD カードスロットと USB ポート x2 に使うことで、計 384GB 拡張できるというわけです。

USB ポート版は少々でっぱりが大きいような気もしますが、SD カードスロット版はでっぱりも少なく良い感じではないかと思います。取り出すのに、器具も必要なさそうですし。

投資額が小額なのも良さそう。最大の 384GB まで拡張できる SD カードスロット版 1 個と USB ポート版 2 個が付属する Triple Pack でも、36 オーストラリアドル(週末の為替レートで約 3400 円)です。日本への送料は 6 オーストラリアドル。

出荷は今年 6 月とのことです。MacBook にマッチするデザインとなっていますが、もちろん、Windows PC でも利用可能です。

 

[CS] フォーマットも出来なくなった microSD カード

[CS] MBP(Mid 2010)と The Nifty MiniDrive」のエントリを書いた後、Transcend の 64GB の microSD カードを購入して使っておったのですが…

Nifty MiniDrive と microSD カード

当初は特に問題もなく、DSD 音源の置き場にして「Audirvana Plus 2.0」の Library で、Nifty MiniDrive を指定していました。

Audirvana Plus での再生は問題なかったんですが、ある時、ファイルを Nifty MiniDrive に書き込んだところ、本来ならば Audirvana Plus の Libraries に現れるはずの楽曲が出てこない。

追加したファイルに問題があるのかと、何度かファイルを作り直したりしてみたんですが、状況変わらず。で、よくよく検証してみると、

  • Nifty MiniDrive のファイルをゴミ箱に入れて「ゴミ箱を空に」してみると、一見、ゴミ箱は空になって削除されたように見えるのに、一度、マウントし直すと削除したファイルが復活している
  • Nifty MiniDrive にファイルを追加すると、一見、書き込みされたように見えるのに、マウントし直すと追加したはずのファイルがなくなっている
  • ディスクユーティリティでフォーマットをしようとするも、フォーマットできない

と、上のようなことが分かりなんか手詰まりな感じ。まさかフォーマットも出来なくなってるとは。DiskWarrior も試してみたんだけど、エラーが出て、修復できず。

それでもネットを彷徨っていると、SD アソシエーションで「SD フォーマッター」が配布されていたので、ダウンロードして試してみました。

SD フォーマッター

フォーマットが始まったようなので、「やれやれ…」と思ったのもつかの間。無事にフォーマット終了と表示されたのに、フォーマットされていないという… orz

ということで、自分で出来ることはなくなったようなので、Transcend サポートに連絡。まぁ無期限保証をカードを購入しておいて良かったというところでしょうか。ただいま返答待ちです。

 

[CS] MBP(Mid 2010)と The Nifty MiniDrive

MacBook Pro(Mid 2010)をメイン機として使っていますが、SD カードスロットをろくに使ったこともなくて、ずっと壊れていると思ってたんですよ。

MBP(Mid 2010)の SD カードスロット

というのも、随分前にデジカメで使っている SD カードを MBP のスロットに差してみたところ、マウントしなかったんですよね。そのカードは USB カードリーダー経由だと問題なくマウントできたんで、知らぬ間に MBP のスロットが壊れてしまったと思い込んでしまいました。

で、ちょっと SD カードスロットを活用したくなって、改めて検証してみました。SD カードを挿入してみたものの、やっぱりマウントしてくれなかったんですが、ツールを使ってみるとマウントしないだけで、カード自体は認識してることが分かりました。どうやら壊れてないらしい…

ということで、SD カードを新たに購入して Mac でフォーマットし直せば使えるだろうと見込んで、何か購入しようと検討開始。スロットが壊れていると思い込んでいたので、最初は 256GB の USB メモリを購入しようかと考えてました。それだと USB ポートが常に使えないのはイヤだと思っていたので、SD カードスロットが使えそうというのは嬉しい。

MBP に SD カード

単純に SD カードにしようかとも思いましたが、でっぱりが結構あるので、却下。JetDrive Lite が使えればいいなと思ったんだけど、生憎と非 Retina ディスプレイモデルには対応してないらしい。ちょっとくらいはみ出したりしても使えればいいなと思ったんだけど、確か他にも似たような製品があったよなぁとネットを彷徨うこと、しばし。

それで、やっと思い出したのが、The Nifty MiniDrive。あ〜これこれ。

The Nifty MiniDrive

ポチっとしたら届きました。購入したのは、レッド。シルバーもあるんだけど、なんか面白くないなと(笑) レッドだとワンポイントにもなるし、入ってるって認識しやすくて良いかなと。

Nifty MiniDrive Pro

Nifty MiniDrive Pro

専用の工具を使わないと外せないというのは賛否あるんでしょうが、基本、差しっ放しで使うわけだし頻繁に抜き差しするもんじゃないのでいいかなと。

Nifty MiniDrive 自体はとても小さな microSD アダプター。製品には 4GB の microSD カードが付属。microSD の容量は 128GB まで対応とのこと。128GB にしたいところですが、まだ高価なので、とりあえず別途、64 GB のカードを購入する予定です。

開封してさっそく使ってみようと、MBP の SD カードスロットに挿入!マウント… されない… orz

とりあえず、Nifty MiniDrive から micro SD カードを取り出して、USB カードリーダーでマウントするかどうか確かめると、マウントせず。ディスクユーティリティで確認すると、カード自体は認識されてたので、カード自体の不良ってことではなさそう。DOS フォーマットになっていたので、これを Mac OS 拡張(ジャーナリング)で再フォーマット。マウントされるようになりました。

続いて、micro SD カードを Nifty MiniDrive に戻して、同じく USB カードリーダーでマウントするかどうか確かめてみると、OK。これで、Nifty MiniDrive が不良って線もなくなりました。

そうして、もう一度、MBP の SD カードスロットに挿入!マウントせず… うわ〜ん、やっぱり半壊れの状態なのかしらと何度か挿入し直したり、挿入したまま MBP を再起動させたりと試してみたものの、状況変わらず。う〜ん、と唸ってスロットにブロワーを吹きつけてやった後、挿入してみると、やっとマウントしてくれました!いやぁ〜良かった。

Nifty MiniDrive Pro

ほんの少し。ほんの少しだけはみ出してますが、ほぼ面一なので、どこかで引っかけるということもないでしょう。かなり満足。

あと気になるのは Nifty MiniDrive のマウントされるアイコン。実につまらない。

Nifty MiniDrive Pro アイコン

で、本家の FAQ を眺めてましたら、「How do I change the Desktop SD icon to a MiniDrive Icon?」という項目がありまして、「Nifty icons」が配布されているのを発見。いくつか種類があるので、好きなアイコンをダウンロードして、アイコンを差し替えてあげました。これで大満足。

Nifty MiniDrive Pro アイコン

あと参考までに、Blackmagic Disk Speed Test で Nifty MiniDrive の読み書きのスピードを確認してみました。容量が 4GB の micro SD なので、Disk Speed Test の設定で「Stress」の値を 3GB に変更。

Disk Speed Test

使う micro SD カードによっても変わってくるんでしょうけれど、同梱されていたカードではこんな感じ。う〜ん、もうちょっと速かったらいいのになぁ…

もっとも Nifty MiniDrive は DSD 音源置き場にしようかと思ってますんで、それほど読み書き速度にこだわることはないんですけども。