タグ別アーカイブ: Time Capsule

[CS] Time Capsule の Wi-Fi が安定しない時の一つの対処法

我が家のメイン無線 LAN ルータになった、Time Capsule

Time Capsule

設定をし直して使い始めて数日が経ちましたが、なんか 5GHz の Wi-Fi が安定しない。突然、切れちゃうんですよね。それも頻繁に。それに比べると、2.4GHz は安定している感じ。

OS X Yosemite 10.10.2 がリリースされて、修正ポイントの一つに

  • Wi-Fiが接続解除される問題が解決

というのが含まれていたので、期待してアップグレードしてみたものの、状況変わらず。

もっとも Aterm WR8700N をメインに使っていた時はそんなことはなかったので、Time Capsule に原因があるような気がする。

で、改めて設定を見直してみたんだけど、効果がありそうなのはチャンネルの指定。

AirMac ユーティリティ

デフォルトでは「自動」になっていると思うし、通常使用上はそのままでいいんだろうけど、いくつかチャンネルを指定できるので、試しに指定してみた。

この設定をしてから数日、経過したけど切れる頻度は激変して、今のところ切れずに安定してる。

もし、同様にお困りの方がいらっしゃったらお試しくださいませ。

 

[CS] 家庭内ネットワークの見直し

思いがけず壊れてしまった、我が家の無線 LAN ルータ「Aterm WR8700N」。

回線を J:COM に切り替えたり、改めて Time Capsule を設定してたりする中で、ネットワークを見直してたら、ハブに LAN ケーブルだけがぶら下がっていた(笑)り、何が繋がっているのか分からなくなってたりしたので、一度まとめてみることに。で、書き出してみたのがこんな感じ。

我が家のネットワーク

無線 LAN にぶら下がるモノとしては、あと Wii とか Nintendo DS Lite とかあるけど、ほとんど電源が入ることはないので、省略。

で、図らずも無線 LAN ルータが Time Capsule 一つになってしまったんですが、これをメインのルータにすることで、ネットワークとしては却ってスッキリして良かったのかも。

しかし、ネットワークにぶら下がる機器が増えたなぁ…

 

[CS] J:COM と Time Capsule

[CS]「au ひかり」から「J:COM」へ」のエントリで家の回線を J:COM に変更したことを書きました。その中で、無線 LAN ルーターがぶっ壊れたこと、代替として Time Capsule へ切り替えたことも書きましたが、まぁこれがすんなり行かなかったわけです。

AirMac ユーティリティ

Aterm WR8700N の復旧のため色々と試して、それを諦めて Time Capsule の設定をして、MacBook Pro から無線で繋がるまで、数時間、格闘しました。また同じような設定をすることになるかもしれないということで、自分のための備忘録として残しておきます。

まず結線。

J:COM のモデムは ARRIS の CM820C というモデル。このモデムは、 Ethernet のポートが一つしかない。最初に MBP とモデムを LAN ケーブルで直結して、ネットに繋がるかを確認する。この時の IPv4 の設定は「DHCP サーバを使用」を選択。リリースされた IP アドレス、サブネットマスク、ルータのアドレス、DNS をメモっておく。

MBP との接続を外して、モデムのポートを LAN ケーブルで Time Capsule の WAN ポートに接続。そして Time Capsule の LAN ポートから、ハブへ。ハブから、各端末へ接続。

Time Capsule

続いて、Time Capsule の設定。AirMac ユーティリティを使う。「インターネット」の設定は接続方法に「DHCP」を選択。DNS サーバのアドレスは先ほど、メモったアドレスを入れる。

AirMac ユーティリティ設定

「ネットワーク」の設定で、ルーターモードを「DHCP と NAT」に。DHCP の範囲は、「ネットワークオプション」でお好みに。

AirMac ユーティリティ設定

AirMac ユーティリティ設定

なんか書き漏らしてることがあるような気がしなくもないですが… まぁこんな感じで。こうしてまとめてみると、あっけないな。なんであんなに時間かかったんだろう :-p

 

2011年購入したモノ その1

今年も残すところ、あと 10日あまりとなりました。早いもんですね。

さて、今年は何買ったかなぁと例によって振り返ってみようかなと思います。まずアップル製品。

今年は Mac も買わなかったし、iPhone 4S だけだっけか?とか思ってたら、「Magic Trackpad」と「Time Capsule」を買ったのでありました。

まぁまだ Lion をメイン環境にしていないこともありますが、Magic Trackpad の真価は発揮されていないのかな?まぁ個人的にはマウスを置き換えるものとして便利に使えています。

Time Capsule の方は、とにかく MBP の Time Machine として活躍中。MBP のバックアップの取り方が悩みのタネだったので、これがとにかく便利この上ない。MBP を家の中のいろんな場所で使っているので、無線で色々、出来るのは良いですねぇ。

iTunes のライブラリを収めている USB HDD を Time Capsule につないで複数の Mac で共用したいと思ってたんですが、どうも MBP からだと不安定でその運用をやめてしまっています。ただ iTunes もアップデートされているし状況が変わってる可能性もあるんで、また試してみようかなと。これがうまく出来るとさらに便利になるんですがねぇ。

さて、最後に iPhone 4S

今年は自分の iPhone の買い替えサイクルの年ではなかったんですが、スティーブ・ジョブズが亡くなったこともあって、「4S = for Steve」などと理由をつけて購入しちゃいましたね (^^;;

毎日、もっとも手元に置いて使っている製品ですが、早さも実感できてますし電波状況が「4」より良くなったのも嬉しい誤算。まぁ来年発売されるであろう「iPhone 5」は見送ると思いますが、十分、戦えるんじゃないかと思います(何と戦う?w)。

新しい「Time Capsule」を使ってます

Time Capsule が安くなってリニューアルされてしばらく経ちましたが、発売直後に、2TB モデルを購入して使っています。

MacBook Pro の Time machine 用にというのが購入目的でした。

それまでは、サーバー役の Mac mini につないだ USB HDD をネットワーク越しにマウントさせて、その HDD にバックアップを取るようにしてたのですが、これが遅いっ!

そうなるとついついバックアップを取らずに済ませるということになってしまって、まずいと思っていたので、飛びついたわけです。

Time Capsule に変更した後は、タイミングがきたら勝手にマウントして、バックアップを取って、自動的にアンマウントされるという感じで動いていますので、ユーザーは全く気にすることなく、常にバックアップが取れて安心です。

もちろん、速度的にも直に USB HDD を接続している感覚と変わらないので、大満足。

あとはそれだけではもったいないので、プリンターもサーバー役の Mac mini から Time Capsule にハブ経由でつなぎ直して無駄に電源を入れておかなくても済むようになったのも大きいですね。

セットアップから、Time Capsule の電源を入れてたら勝手に Mac の方で認識してくれて大して何もしなくても終わってしまいますし、本当に何も書くことがないくらいで拍子抜けしてしまったんだけど、特に MacBook Air や MBP などノート型の Mac を使って家庭内ノマド状態のユーザーには、Time machine 用に、プリンタ共有用にとってもお薦めです。